廃車買取に関する<よくある質問>

廃車買取に関する<よくある質問>記事一覧

自動車リサイクル券を紛失した場合:再発行は?

<このページの要点>自動車リサイクル券を紛失した場合、免許証とか車検証のように再発行することはできません。しかし車を廃車にする際、リサイクル券は必ず必要になります。ではどうするかというと、リサイクル券の代用となる書面を入手すればいいのです。代用となる書面は、自動車リサイクルシステムのホームページから...

≫続きを読む

自動車リサイクル法とは?いつから 改正 対象 料金 解体業 引取業者

■自動車リサイクル法とは?日本では、年間350万台前後の車が廃車として解体処分されています。解体された車は、総重量の80%が鉄くずなどとしてリサイクル利用されてきましたが、残りの20%はプラスチックごみなどのシュレッダーダストとして埋め立て処分されてきました。しかし年間350万台という数です。埋め立...

≫続きを読む

大型トラックやバスの寿命とは?日本車のトラックやバスは100万キロを超えても海外...

トラックといっても660ccの軽トラック〜10トン以上の大型トラックまでさまざまで、バスも10人乗り〜50人乗り以上の大型バスまでさまざま。主に大型車に限定して調べてみました。果たして、大型トラックや大型バスの寿命とは?そして、何万キロまで走行できるのか?通常、普通車の場合は10万キロを超えると廃車...

≫続きを読む

車の廃車手続きには譲渡証明と委任状が必要ですか?

言うまでもありませんが、自分で廃車手続きをする場合には、「譲渡証明」も「委任状」も必要ありません。問題は、業者さんに手続きを依頼した場合です。まず、「委任状」は100%必要になります。委任状の「委任」とは、本来あなたが陸運支局で行うべき手続きを業者に「委任」するという意味です。ですから、当然、必要な...

≫続きを読む

樹脂パネルを使う車が増えつつあるって本当?

自動車の外装パネルに鉄が使われるのは、薄くても強度が保ちやすいことや、大きな交通事故に遭った場合には、パネルがくしゃくしゃに潰れることで、衝撃を吸収する役割を担っていることなどが理由として挙げられます。一方で、バンパーやエアロパーツなどには樹脂がたくさん使用されています。これは、バンパーやエアロパー...

≫続きを読む

廃車専門業者は海外販路を数多く持っていると言われていますが?

日本車の輸出先は、基本的に右ハンドルの自動車が輸入できる国になります。世界では左ハンドルの使用の方が割合的に多い為、日本車を輸出できる国は一部に限られており、且つ年式規制や事故修復歴の有無で輸入規制があるなど、各国の特徴はさまざまです。各国の輸入規制やその特徴についてお伝えいたします。■日本からの主...

≫続きを読む

盗難で車が手元にない⇒抹消登録するには?

車検証とかナンバープレートが盗難に遭ったのではなく、車そのものが盗難にあっていま手元にないケースもあります。しかし、放っておくと自動車税の請求が来てしまいますから、やはり抹消登録手続きをしなければなりません。そんな場合は、通常の永久抹消登録手続きに必用な書類以外に、以下の書類を別途追加で提出します。...

≫続きを読む

理由書とは?車検証・ナンバープレートの紛失・盗難の場合

車の廃車手続きをする際、車検証やナンバープレートが必要になります。ところが、これら車検証やナンバープレートが盗難に遭ったり、その他の理由で紛失して手元にないことがあります。そんな場合は、「理由書」を提出する必要があります。⇒理由書のダウンロードなお、ナンバープレートが盗難にあった場合は、警察に届出を...

≫続きを読む

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

<このページのポイント>車を売却した際は、売却先からリサイクル料が返金されるのが原則です。原則はその通りですが、この点をあいまいにしている業者等もいるようです。しかし、車の所有者が移る場合は、旧所有者はすでに自分が支払っているリサイクル料の返金を受け、新所有者が新たにリサイクル料を支払うのが正規のや...

≫続きを読む

【車 廃車 手続き】車検証記載の所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合は?

例えば、引っ越しなどによって、車検証記載の住所が前の住所である場合があります。また、結婚などで姓が変わり、車検証記載の名前と印鑑証明書の名前が一致しないこともあります。そうしたケースでは、以下の書類が追加で必要になります。■住所が異なる場合車検証記載の住所から、現住所(印鑑証明書の住所)までの繋がり...

≫続きを読む

【車 廃車 手続き】被災証明書とは?台風・洪水などで水没した場合など

車が台風、洪水、土砂崩などで水没その他の被害を受けた場合、もうその車には乗れなくなります。その際、この乗れなくなった車をいったん廃車手続きしなければ、次の車を買うことができません。というか、次の車を買うことはできますが、廃車手続きが済んでいないと、行政側から見て、あなたは2台の車を所有していることに...

≫続きを読む

【車 廃車 手続き】車検の残りがあれば自動車税が戻ってくるそうですが?

一般の自家用乗用車の場合、車検というのは、新車の場合で3年、以後は2年毎に更新されていきます。これに対して、自動車税の支払いは、1年毎です。したがって、車を廃車にすれば、必ず自動車税が戻ってくるとは限りません。なぜなら、車検の2年目、3年目に当たる年度に自動車税が未納になっているケースもあるからです...

≫続きを読む

【車 廃車 手続き】一時抹消登録手続きの方法は?いずれまた乗る場合

その車にもう二度と乗るつもりがない場合は「永久抹消登録手続き」が必要になります。しかし、海外出張とか長期療養などにより、一時的に車には乗らないけれど、いずれまた車に乗るつもりでいる場合には、「一時抹消登録手続き」が必要です。この一時抹消をしておかないと、自動車税事務所ではあなたが車に乗り続けていると...

≫続きを読む

【車 廃車 手続き】永久抹消登録手続きの方法は?解体処分し二度と乗らない場合

■永久抹消登録の手続き「永久抹消登録」とは、車を解体処分して、今後、自分も第三者も二度とその車に乗れないようにする手続きのこと(1)車解体業者に車の解体を依頼する  <※>電話帳やネット検索で業者を探してください。(2)解体したことを証明するメモ書きを自分で作成する  <※>このメモ書きは、自動車リ...

≫続きを読む

自動車の原価っていくらですか?

市販されている一般向け自動車の価格は、排気量やモデルによって100万〜500万円と非常に幅広いものとなっております。最近では、軽自動車においても200万円を優に超えるグレードも発売されていて、今や低排気量=低価格の時代ではなくなってきました。そこで、今回は生活や仕事、流通に欠かせない自動車の原価につ...

≫続きを読む

自分の車のリサイクル料金:金額や納入状況を調べるには?

<このページのポイント>今乗っている自分の車にすでにリサイクル料金が支払われているか、それともまだなのか、その金額を含めて納入状況を調べる方法があります。自動車リサイクルシステムという財団法人のホームページ『リサイクル料金検索』ページで調べることが可能です。検索の際、車検証を用意してください。「車台...

≫続きを読む

自分の車のリサイクル券の番号はどうやって検索するの?

<このページのポイント>自分の車のリサイクル券を紛失して手元にない場合、自動車リサイクルシステムのホームページで内容を検索できます。検索して出てきた画面を印刷したものが、紛失したリサイクル券の代用として使えます。そこにはリサイクル券の番号・車台番号・料金等が載っています。■リサイクル券は、普段は全く...

≫続きを読む

【車 廃車 手続き】 自動車税などの税金が未納・未払いであった場合は?

通常、車を廃車手続きした場合、それが「永久抹消登録手続き」であったとしても「一時抹消登録手続き」であったとしても、車検が付いた車を廃車にするわけですから、自動車税や自動車重量税が戻ってきます。  <※>自動車重量税は「永久抹消登録手続き」の場合にのみ戻ります。そもそも車検が付いている車の場合、自動車...

≫続きを読む

そもそも自動車リサイクル券はいつ発行されますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券が発行されるのは自動車リサイクル料を支払った時です。では、自動車リサイクル料はいつ支払う決まりになっているのでしょう?まず、新車購入時です。中古車購入時にも支払いが必要です。■ほとんどの人は意識していませんが、新車や中古車を購入する際、明細書に「リサイクル料...

≫続きを読む

新車の納車日に合わせて引き取りに来てほしいのですが…

廃車専門業者に廃車を依頼した場合、廃車の引き取り日を指定することが可能です。土日・祝日を含め、指定が可能です。時間の指定に関しては、午前・午後で指定することができます。そして、引き取りの前日には、引き取りを担当する営業所、ドライバーより連絡があり、引取りにくる時間の詳細を打合せすることになります。一...

≫続きを読む

狭い駐車場にバッテリー上がりの車がありますが、廃車引き取りしてくれる?

廃車専門業者の対応ですが、バッテリーあがりの自動車の場合は、はじめに大型バッテリーにブースターで接続し、エンジン始動を試みます。それでもエンジン始動が不可能な場合は、主に二つの方法にて引き取りをします。1 牽引によって広い道路まで引っ張り出す方法2 手押しによって広い道路まで引っ張り出す方法バッテリ...

≫続きを読む

軽自動車のリサイクル券を紛失した場合:普通車と同じ手続き?

<このページのポイント>自動車リサイクル券には普通車と軽自動車の区別はありません。したがって、リサイクル券を紛失した場合の手続きは、普通車も軽自動車も全く同じです。自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券の代用となるものをダウンロードすれば、これがリサイクル券の代わりになります。自動車リ...

≫続きを読む

国内で解体された廃車の行方は?

日本国内で解体される廃車の台数は、2012年度以降、年間330万台程度で推移しています。日本国内にある使用済自動車は、海外に輸出される場合を除き、自動車リサイクル法に基づいて、適正に解体処理することが義務づけられています。自動車を解体しリサイクルするには費用が掛かりますが、これは資金管理団体である自...

≫続きを読む

事故したあとの事故車の行方は?

事故現状車をオーナーから引き取った業者が、どのような対応をするかは、事故の状況や、その自動車の市場価値などによってケースバイケースといえます。但し、一般的に多くみられるのは、中古車オークションに出品するケースです。中古車オークションとは、全国に約100箇所ほど運営されている中古車専門の卸売市場のこと...

≫続きを読む

車の廃車で軽自動車と普通車の違いは?

軽自動車の廃車手続きは、普通車の手続きとやり方はほぼ同じです。異なっているのは、まず、手続きを行う場所です。普通車はナンバープレートを管轄する各地の陸運局(陸運支局)です。しかし軽自動車の場合は、軽ナンバープレートを管轄する各地の軽自動車検査協会になります。⇒管轄の軽自動車検査協会を検索するまた、車...

≫続きを読む

廃車手続きを自分でやらずに廃車買取業者に依頼する

当サイトでは面倒な手続きをあなたに代行して無料でやってくれる優良な廃車買取業者をご紹介しています。安心して査定依頼していただけると思います。<第1位> カーネクスト(全国対応)・カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。・レッカーや積載...

≫続きを読む