自動車の原価っていくらですか?

自動車の原価っていくらですか?

市販されている一般向け自動車の価格は、排気量やモデルによって100万〜500万円と非常に幅広いものとなっております。

 

最近では、軽自動車においても200万円を優に超えるグレードも発売されていて、今や低排気量=低価格の時代ではなくなってきました。

 

そこで、今回は生活や仕事、流通に欠かせない自動車の原価について考えていきたいと思います。

 

 

■自動車の原価は8割

 

自動車の原価は、メーカーの極秘情報となっているため詳細を知っている人はごくわずかですが、部品それぞれの単価を見ていけば自動車の原価は把握できるようです。

 

その計算方法は様々ですが、基本的には製造原価のほとんどを占める外部からの材料調達費用。

 

自動車メーカーで部品を作っているわけではありませんので。

 

そこで具体的に計算した結果、100万円の自動車の場合「およそ60万円程度が仕入原価」となっていて、残り40万のうち20万円が工場での組み立て人件費や開発費に充てられているです。

 

つまり、残り20万円がメーカーの利益ということになります。

 

 

思ったよりメーカーの利益って少ない、大丈夫?

 

この数字を見て「なんて良心的なんだ」とお思いの方は多いでしょう。

 

ところで、自動車を新車で購入する際に皆さんはサイドメニューやオプションを追加した経験はございませんか?

 

カーナビであったり、シートやステアリングを革にしたり、ホイールをアルミに、タイヤや塗装のグレードを上げたりとしたことがあるかと思います。

 

例えば、カーナビ20万円の原価はおよそ2万円程度、ドアミラーのLEDにおいてはなんと100円、さらに革シートにおいては価格30万円の原価は3万円だと言われています

 

 

■ユーザーの事を考えた、自動車ビジネスのカラクリ

 

つまり、自動車メーカーは新車で販売する際のオプションやサイドメニューで利益を出していることが分かります

 

このように、自動車の販売価格に対するメーカーの利益はたった2割ではありますが、メーカーもあらゆる工夫を凝らして快適なカーライフを送ってもらえるように様々なオプションを用意することで、お互いにメリットを得ようとしているのです。

 

もちろん、値段重視の方は何もオプションを付けないという選択肢もあるのですから、自動車メーカーはユーザー目線で考えてくれていることが分かります。

 

車の廃車をお考えのあなたには、当サイトがおすすめする下記の3サイトが安心、安全、確実です。

 

査定は無料ですから、お気軽にご利用ください。

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム

ズバット車買取比較


レッカー引き取り無料!


(日本全国対応)


廃車手続き無料代行!


(日本全国対応)


税金も還付されて安心!


(日本全国対応)

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。