大型トラックやバスの寿命とは?日本車のトラックやバスは100万キロを超えても海外で元気に走っている

大型トラックやバスの寿命とは?日本車のトラックやバスは100万キロを超えても海外で元気に走っている

トラックといっても660ccの軽トラック〜10トン以上の大型トラックまでさまざまで、バスも10人乗り〜50人乗り以上の大型バスまでさまざま。

 

主に大型車に限定して調べてみました。

 

果たして、大型トラックや大型バスの寿命とは?

 

そして、何万キロまで走行できるのか?

 

通常、普通車の場合は10万キロを超えると廃車扱いとなり、査定額は0円に近しくなりますが、今回は廃車になることをさておき、日本車が何万キロくらい走れるのかを調べてみました。

 

大手の廃車専門業者では、全国対応にて廃車を取り扱っているため、年間で多くの廃車依頼を承っています。

 

その中で、一番走行距離が多い自動車を確認してみると、ハイエースの501,000キロでした。

 

 

それでは、トラックやバスはどうでしょう。

 

10トンを超えるトラックなどは100万キロを超えているものも珍しくありません。

 

数年前に200万キロ以上走行したトラックを保有しているとして、メーカーに表彰された方がいてましたが、10トントラックの場合は200万キロ以上走行しているトラックはたくさんあるでしょう。

 

さて、バスを見てみましょう。

 

バスもトラックと同様に長距離走行をする自動車として使われています。

 

しかし、みなさんの記憶にも新しい高速バスの事故。

 

それによって、バスでの行動自体を敬遠している方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自動車を運転しない高齢者の方々にとっては移動手段の一つであることは間違いなく、特に海外においては移動手段の主役といっても過言ではありません。

 

日本の場合、一般論として20年で200万キロ程度が一つの目安となります。

 

観光バスと高速バスなど使用用途によっても変わってきますが、観光バスは年式で、高速バスは距離でのリミットに達する場合が多いでしょう。

 

そのため、観光バスの場合は100万キロ程度で廃車になるケースもあり、高速バスは10年程度で廃車になるものもあります。

 

 

 

トラックやバスが海外で人気の理由

 

自動車販売事業者の中には、トラックやバスを働く車と言う方々がいます。

 

海外のバイヤーから人気があるのはまさに「働く車」だからです。

 

もっと分かりやすく表現すると「金を稼ぐ車」です。

 

金を稼ぐことができる車を欲しがる人は非常に多いようです。

 

日本の中古バスや中古トラックは、アジアをはじめとしてアフリカなど後進国への輸出が盛んに行われています。

 

海外旅行に行った際に、日本語の看板が塗装されているようなバスやトラックまたは重機を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

海外では、どの国をとってもトラックは働く車として、バスは移動手段として重宝されているのです。

 

日本車の中古トラックや中古バスは、日本国内でも海外でも同様に、100万キロを超えても利用されています。

 

今後、商業車部門においても日本の製造技術を生かし、「丈夫な車、壊れにくい車」として人々に愛され、日本車が世界への普及を拡大していくでしょう。

 

トラックやバスなどの商用車の売却を検討されている方にはこちらのサイトが適していると思います。
中古 トラック・重機・バス|売る 売りたい 売却|買取 一括査定 価格 相場|廃車手続き
 (※)トラック・重機・バスなどの商用車の買取を専門にしている査定サイトなので、一般車の査定サイトより高額の買取額が期待できると思います。